Profile

usapyon1

Author:usapyon1
続虹色ガエルへようこそ!
私:cocktail grape fruit- 30代前半のバツイチ女性。現在めでたくうさぴょんの奥様になりました(照)。趣味はアウトドア、食べ歩き、ジム、旅行。某関西の虹色バーに帰国時は出没していますので気軽に声をかけて下さい(^-^)/
彼女:うさぴょん。マイペース。夢の国へ飛んでいることもしばしば。好きなものは焼き鳥、タン塩、お酒、音楽、植物。二人のワンコのママです♡カクちゃんに手料理を作るのが好き。


ランキングに参加しています。もし宜しければ応援してくださいませ。リンクしたい方はご一報を。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

Anniversary!

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR

既婚ビアン-既婚であるのに女性と恋に落ちてしまった女性達

最近更新を怠り気味でごめんなさい。今週は残業がいつもの2倍で身体がギリギリなカクテルです。

うさぴょんが馴れ初めをうさぴょんの視点で書き始めてくれました!既婚ビアンのついては色々な見方があると思います。もちろん、それぞれの価値観/倫理観、家族の境遇(子供の有る無し、金銭的に独立可能か否か)境遇も違いますし、二人の状況(二人とも既婚、私達のように片方がフリー)も異なる筈。それに既婚ビアンを批判している人のセクシュアリティ(ビアン、バイ、ノンケ、また本人達のステータス(シングル/カップル/既婚かどうか)でも違うと思います。

実際、うさぴょんはカクテルと恋愛することにかなりの嫌悪感、罪悪感がありました(馴れ初め-その1初めましてその6離婚への道を参照下さい)。カクテルからすると、自分のこれからの人生を大きく変えること(離婚、家族、友人への離婚の報告、カム)についての大きな不安。ビアンのブログカテゴリー(ビアンまたは既婚ビアンのみ)から見て解る通り、私たちに似たような境遇の既婚ビアンで離婚へ踏み切るケースのカップルさんは大変珍しく、はうさぴょんとの新しい生活に関してとても心細く感じていました。

そんな中でNYCのな本屋(注:本当はが前回訪れた時に発見したビアン用のな体位を研究する本を買いに行った、てへ。でも無かった)でこの本を発見しました。
"Dear John, I love Jane"
http://dearjohnilovejane.com/



一般の実在する27人の既婚女性が女性に恋に落ちてしまった実話のエッセイを綴ったエッセイ集です。編集者二人は片方がフリーの完ビアン、もう一人が離婚調停中に自分のセクシュアリティに気付いて女性とデートし始めた子供有りの女性です。後者の編集者曰く、やはり人生ずっとヘテロのセクシュアリティを通し続けて離婚へ踏み切ったという同じ境遇の人が大変少なく、そういう女性達の話を聞きたいと強く願い、エッセイ集を出版する為にインターネットでエッセイを募集したそうです。

同棲開始当初はカクテル、精神的に不安定な毎日が続いて、泣いたり睡眠障害で仕事に支障が出てしまっていました。そんな時にこの本に出会い、少しずつ読み始めました。一人一人の女性のストーリーは境遇、出身(では州によって保守的、賛同してる政党の傾向が違う)、セクシュアリティ、価値観、宗教(カソリックは同性愛や離婚を拒否する傾向が強い)も全く違い、それぞれの話を新鮮な気持ちで読みました。まだ全て読んだ訳ではありませんが、大変勇気づけられました。

がこのブログを始めた理由はこの本の編集者さん達のようなエッセイを募集して本を出版するというような大きなことは出来なくても、同じような境遇の女性達の少しでも心の支えになればと思ったからです。もいつか彼女の日本に住んでいた頃の境遇を書いてくれることと思いますが、ビアンでいる事を自己否定というかネガティブに思っていたようです。での生活が長く、自分のセクシュアリティをネガティブに考えたことはありません。夫もがバイセクシュアルであることを知っていて結婚しました。はバイセクシュアルであると言っても、実際女性とお付き合いしたことはと付き合うまでありませんでしたがも私も日本在住のビアン、バイセクシュアルの女性をどのような境遇に置かれていようとも応援したい気持ちで一杯なんです。拙い文章でありますが、これからも宜しくお願いします

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


<< 大人の楽しみ。初めての…(o^^o) | HOME | 馴れ初め byうさぴょん [1. はじめまして!] >>


Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

 HOME